Googleアナリティクスでわかるユーザー像|簡単サイト分析

ネットワーク

改善用のツール

グラフ

自社ホームページや広告目的のウェブサイトを作成する場合、どのようなコンテンツを作成するべきかを考えなければなりません。一昔前であれば、自社が扱っている商品の説明などは全てテキストによって行なわれていました。費用も掛からず、技術的な問題もないので、どの会社でも手軽に行なえる方法です。しかし最近では、ウェブサイトに訪問するユーザーは、このようなテキストをあまり読んでくれないことがわかってきたのです。情報化社会によって、日々大量の文字に目を通す機会も増えたため、近年では活字の羅列に無意識にストレスを感じる人が多くなっています。動画サイトなどが人気となっていることも要因となり、動画や音楽といった文字以外のコンテンツに興味関心が向けられています。そのため、自社サイトに動画などのコンテンツを設置しようと考える人も多いでしょう。コンテンツ開発を行なうならば、適宜ユーザーの関心度合いを調べる必要があります。作成したコンテンツがよくユーザーに利用されているかどうかは、Googleアナリティクスを用いることで調べられます。コンテンツを設置したあとはしばらくGoogleアナリティクスで調査し、動画のスコア数の推移を調べましょう。

ウェブサイトを開設して、すぐにたくさんのユーザーから人気が出るサイトというものはほとんどありません。どのサイトでも、分析ツールなどを用いて細かくコンテンツの改善を行なうことで、ユーザーからの支持を勝ち取っているのです。分析ツールによってボトルネックとなるコンテンツが分かったとしても、改善するべき指針が分からないという人も多いでしょう。そういった人におすすめできるのが、Googleアナリティクスを応用した改善ツールです。改善案として多くのサイトのページを作成した場合、Googleアナリティクスで一つ一つ分析していくのは手間と時間が掛かります。ところが改善ツールを用いれば、サバイバル機能によって成果のあったページを自動で表示してくれるのです。不人気なページはすぐに非表示となるので、サイトの改善も簡単に行なえるようになるのです。