Googleアナリティクスでわかるユーザー像|簡単サイト分析

ネットワーク

チェックするべきポイント

スーツを着た男の人

企業にとってホームページはとても重要な存在になっています。質が高いホームページを作成することによって、新規顧客を獲得できる可能性が高いですし、多くの人に知ってもらえる可能性が高まるからです。しかし、インターネット上には多くの情報があるので、ただホームページの質を高めるだけでは良いマーケティングとは言えません。Googleアナリティクスを活用すれば、ホームページにアクセスするユーザーの行動を分析して、さらに良い成果を残すために対策することができます。高品質で役立つ機能がたくさんあるGoogleアナリティクスは、無料で使用することができます。そのため、初期費用をかけることなく、導入することができます。ただ、専門知識もある程度必要になってくるので、初心者にとっては敷居が高いと感じられることもあります。徐々に慣れていけば、有効的に活用できるようになるので、知識をつけると良いでしょう。

Googleアナリティクスで見られる情報はたくさんありますが、まずチェックしておきたいのがユーザーサマリーです。ユーザーサマリーでは、一定期間にどれぐらいの人がサイトに訪問したのかを知ることができます。こまめにチェックして、訪問者数の増減を確認することで、WEBマーケティングの成果を確認することができます。サイトに来たユーザーが、どのようにサイトに来たのか、ということも知ることができます。自然検索でアクセスするユーザーもいれば、文字広告やSNSからアクセスするユーザーもいます。Googleアナリティクスを使って、このような情報を知っておけば、さらにアクセス数を増やすための対策を効率良く知ることができます。