Googleアナリティクスでわかるユーザー像|簡単サイト分析

グラフ

チェックするべきポイント

スーツを着た男の人

Googleアナリティクスは無料で利用することができるので、費用をかけることなく、導入できます。チェックしておきたいのは、サイトの訪問者数、ユーザーのアクセスの方法などです。

詳細を確認する

課題別の対策方法

レディ

Googleアナリティクスを利用すれば、人気のあるページや人気がないページを把握することができます。課題点を見つけて、改善、ということを繰り返すことで良い成果が得られます。

詳細を確認する

自社でサイト分析ができる

ネットワーク

多くのユーザーからアクセスが集中するサイトは、検索エンジンでサーチする際にも上位に表示されるものです。多くのユーザーは上位表示がされたサイトを優先的に開くので、インターネット上でのネット販売や広告を行なうならば、上位に表示されることを目指さねばなりません。検索エンジンは、たくさんのユーザーからアクセスが集中するサイトを優先して表示します。ユーザーからの支持を集めるためには、よりサイトのクオリティを高める必要があるでしょう。ターゲット層に向けてサイトが作られているか、またはウェブサイトの見た目がユーザーに見やすいかといった点に注意しながら、作成しなければならないでしょう。ネット上ではユーザーの声は届かないので、ユーザーからの意見を直接聞くのは難しいでしょう。そこで活用できるのが、Googleアナリティクスと呼ばれる分析ツールです。アクセスした人の人物像やユーザーの動向、さらにはコンテンツの利用状況など、細かな情報をGoogleアナリティクス一つで分析できるのです。

企業の広告やマーケティング調査などは、本来であれば広告代理店が行なうものとなっていました。しかし、他社に広告やマーケティングに関する業務を全て丸投げしてしまうと、企業が求めているような結果が得られない場合もあるのです。マーケティング調査の結果などは、他社の広告代理店に務める社員一人のリテラシーに左右されるわけですから、企業の中には不安を覚える所もあるでしょう。Googleアナリティクスなどの分析ツールを用いることで、このマーケティング調査も自社で簡単に行なうことができます。使い方さえ覚えれば、随時サイトを利用する人の動向をチェックできるので、手間や費用も掛けずに自社での調査ができるでしょう。

改善用のツール

グラフ

Googleアナリティクスでは、新しく設置したコンテンツが有用かどうかを分析することができます。ユーザーからあまり人気がないコンテンツが分かったとしても、どのように改善するべきか分からない人も多いものです。改善ツールをサバイバル機能を使用することで、簡単に改善できるでしょう。

詳細を確認する